玉堂先生から学ぶ日本風景 | 武士no戯言
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 玉堂先生から学ぶ日本風景
  4. スケッチ・デッサン » 
  5. 玉堂先生から学ぶ日本風景

訪問していただきありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉堂先生から学ぶ日本風景

私の中で、日本画で風景の巨匠と言えば
川合玉堂 先生です。


東山魁夷 先生や横山大観 先生も好きなんですが
やはり、究極なものを描いているのは

川合玉堂 先生! なのです。


その魅力を感じたくて模写してみました。


玉堂模写 (3)

1940年の作品《炭焚く夕山》の一部の模写です。
墨と色鉛筆で描きました。

玉堂模写 (2)
これは《秋山スケッチ》を色鉛筆で模写したものです。

玉堂模写 (4)
1952年の作品《二重石門》の一部の模写です。


やはり、玉堂 先生は、
円山四条派のしなやかな筆さばき、
狩野派の力強さ
そして写実が見事に融合していて素晴らしいですね。


関連記事

テーマ : お絵かき帳
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : アート、風景画、模写

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。