丹下左膳余話・百万両の壺| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 映画 » 
  3. 邦画 » 
  4. 丹下左膳余話・百万両の壺

訪問していただきありがとうございます。

丹下左膳余話・百万両の壺

百万両の壺  この映画はとにかく面白い!
会話のテンポの良さ
場面展開の良さ
音楽の良さ
無駄なシーンがまったくない。



また登場人物が個性的で、すごくいい。
それに人情表現が素晴らしい。
剣豪の丹下左膳がお藤に頭が上がらないし
お藤は子供に頭が上がらない。
この本音と愛情が裏返るのが笑える。

山中監督は役者をよく見て、それに合った使い方をしたそうです。
またフランクキャプラなどの海外の映画を研究していたそうですね。
それを独自の表現に確立した。

この独自の表現をこの作品でやっちゃったのも凄い。
もともと丹下左膳は伊藤大輔監督が『新版大岡政談』(昭和3/1928年)
で剣戟スター・大河内傳次郎の十八番にした代表作である。
丹下左膳はニヒルな剣鬼。
なのに山中貞雄監督になると、
よくいる気のやさしい親父に大変身。
他の登場人物も大変身。
大河内傳次郎も沢村国太郎も
気になって、何度も確認しながら演じていました。
そして山中貞雄の丹下左膳になっちゃったんですね。

また撮影時に、一度カメラ・ポジションが決まると
まとめ撮りをして二度と同じ位置で撮らない。
今では当たり前の撮影段取りですが、
それを山中監督がどうやら最初にやったみたいです。

こうして完成した映画。
映画会社は、あまりに変わっていたので激怒しました。
そして原作者・林不亡の未亡人も
公開するなら題名を変えてほしいと言いました。
それで『丹下左膳』で宣伝していたのが
『丹下左膳余話・百万両の壷』に変更。
山中貞雄はクビになりました。
丹下左膳

そして公開したら大ヒット

飛んでいた山中貞雄のクビも10日ぐらいでつながりました。
山中貞雄は全てを(結果まで)考えて撮影をしていたんですね~。
まさに天才です。

ちなみに、この映画で丹下左膳=大河内傳次郎が大好きになって
同じ大河内傳次郎主演の『丹下左膳』(1953年)を見た私も
あまりに違うので驚いた一人です。

昭和10(1935)年  日活       

 山中貞雄
 三村伸太郎
 大河内傳次郎・喜代三・沢村国太郎



丹下左膳餘話 百萬兩の壺 [DVD]丹下左膳餘話 百萬兩の壺 [DVD]
(2005/01/01)
大河内傳次郎喜代三

商品詳細を見る

資料が語る丹下左膳の映画史―大河内伝次郎から豊川悦司まで資料が語る丹下左膳の映画史―大河内伝次郎から豊川悦司まで
(2004/12)
田中 照禾

商品詳細を見る



関連記事

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

tag : 大河内傳次郎 日本映画 山中貞雄

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト