豪傑児雷也| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 豪傑児雷也
  4. 映画 » 
  5. 邦画 » 
  6. 豪傑児雷也

訪問していただきありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪傑児雷也

豪傑児雷也 伝説的映画です。

監督は日本映画の父"
牧野省三

主役は歌舞伎俳優で
日本最初のスター
目玉の松ちゃん"
尾上松之助


家臣に裏切られ、家族を皆殺しにされ
かろうじて生き残った肥後の豪族の子・尾形周馬弘行は
越後妙高山に棲む蝦蟇(ガマ)仙人から蝦蟇(ガマ)の妖術を教わり
御家復活と復讐の為に立ち上がった。


と、たしか? こんな前置きです。

かなり昔の映画だから
映画全編1シーン1カット、カメラ固定で芝居形式かな~
っと思って見たらとんでもない

なんと、しっかりカット割りしているし
しかも特撮映画になっている。
これにはビックリ!!

殺陣(たて)のシーンは舞踊(ぶよう)になってましたね。
舞いが美しいのに動きがはやい、見事です
児雷也

面白いのが、殺陣(たて)のシーンで児雷也(じらいや)が当然消えたり、
蝦蟇(ガマ)になって飛び跳ねて暴れたり
また、蝦蟇(ガマ)が大きくなって敵の武士を食べる(最高!)

しかも児雷也(じらいや)には宿敵がいたんです。
青柳池の大蛇から生まれた大蛇丸(おろちまる)

児雷也(じらいや)大蛇丸(おろちまる)の激しい一騎打ち
児雷也(じらいや)蝦蟇(ガマ)に変身
大蛇丸(おろちまる)も負けずに大蛇(おろち)に変身
そこに突然! 綱手(つなて)という女性が現れ
何故か蛞蝓(ナメクジ)に変身
蝦蟇(ガマ)大蛇(おろち)蛞蝓(ナメクジ)の睨みあい(大爆笑

なんだかんだで、この映画たったの14分ですが
内容は満足の娯楽映画になっています。


ちなみに、
この「豪傑児雷也」は謎が多い、
それは同じ映画を何本も制作しているからです。
(大正3年、7年、10年、14年)
しかも大正10年以降になると牧野省三は日活を辞めて独立をしている為
この映画を監督したのか不明です。
データーはあくまでも推定で記録しています。
多くの謎を残した忍者映画「 豪傑児雷也(ごうけつじらいや)

でも、、なんで女性がナメクジに・・?

大正10(1921)年  日活      

 牧野省三
 尾上松之助・片岡長正・市川寿美之丞


関連記事

テーマ : 色あせない名作
ジャンル : 映画

tag : 日本映画 マキノ映画

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。