Dr レナード・マッコイ| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. スタートレック » 
  3. 宇宙大作戦 » 
  4. Dr レナード・マッコイ

訪問していただきありがとうございます。

Dr レナード・マッコイ

宇宙大作戦


s3皮肉やマッコイの登場です。
私も大好きな「田舎医者」です。

昔は
情があって
わざわざ家庭まで訪問し
時にはタダで診察してくれて、
お説教をしてくれる
お医者さんがいましたね。

マッコイもそんな医者なんです。



 
マッコイ銅像 (1) 

マッコイ銅像 (3)マッコイ銅像 (2)


マッコイor1マッコイは口が悪く
いつも論理的なスポックと
言い争いをしていました。

でも、感情に不器用な
スポックを支えていたんだと
思います。

カークがいない緊急時も
スポックとぶつかりながら
困難を乗り越えてきましたね。

また
カークが不安なときや
悩んだりしているときにも
マッコイは
気の利いた助言を 言って
カークを支えてました。
マゥtコイor2


マッコイtmp1マッコイは
5年間の調査飛行が 終わると、
宇宙艦隊を退役し
個人病院を開業するつもりでした。

しかし、謎の巨大星雲が
太陽系に迫った時に
ノグーラ提督
誰も知らない
予備役復帰条項を 発令して
マッコイを現役勤務に
呼び戻しました。

転送嫌いなマッコイを
無理やり転送さえ
エンタープライズに復帰させましたね

マッコイtmp2

Dr.マッコイには有名なセリフがあります。
「地底怪獣ホルタ」というお話のなかで出たセリフです。
ジェイナス6号星に
シリコン・ベースの生命体《ホルタ》と遭遇した時のことです。
かなりの重傷です。
カークはマッコイを呼び出して治療させようとしました。
スポックは言います
「ドクターの医療知識は、なんの役に立ちません。」

カーク 「医者なら、なんでも治せるはずだ!」

《ホルタ》を見たマッコイは 「何だ!これは一体!」
カークは、すかさず治せと指示しました。

マッコイ 「本気じゃないだろうな、
       あれは石で出来ている生物だぞ!」

「 私は医者だ、石屋ではない 」


でも、治療せざるをえなくなったマッコイは
熱コンクリートを用いて処置し
《ホルタ》の命を救いました。

マッコイ 「何でもやってみるもんだな、
       おかげで石屋もやれる自信がついたよ」



このマッコイの名セリフ
「 私は医者だ、〇〇ではない 」
は後のシリーズでも言ってます。
DS9のDr.ベシアやVGRのドクターも言ってました。


マッコイは、未知のウィルスにたいするワクチンや
新たな生命体の治療。
また、神経寄生体の弱点を見つけるなど
短時間で、いろんな治療法を編み出しています。



新スタートレック


マッコイtngマッコイは24世紀でも生きています
「新スタートレック」では
提督として、D型エンタープライズに
視察に来ました。

この時、137歳
相変わらず転送嫌いで
シャトルに乗ってきました。

マッコイが何故、転送嫌いなのか
彼曰く
「細胞を破壊するから」
だそうです。

これも、長生きの秘訣かもしれません





マッコイサイン

関連記事

テーマ : スタートレック
ジャンル : テレビ・ラジオ

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト