リカルジーニョがいね~じゃね~か~(怒)| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. フットサル » 
  3. サル奮闘記 » 
  4. リカルジーニョがいね~じゃね~か~(怒)

訪問していただきありがとうございます。

リカルジーニョがいね~じゃね~か~(怒)

一日目国立代々木競技第一体育館で行われたF.LEAGUE2010

観戦しました。

今回はリカルジーニョを
見たくて、1日目も行きました。

朝、はやく起きて
朝食抜きで行きました。


朝から並んで待ちました。

第1試合
エスポラーダ北海道ステラミーゴいわて花巻
これね~、
やっぱり北海道はいい連携してますね。
旋回(ヘドンド)をしてパラで展開を頻繁にやってましたね。
しかも個人技も全員あるし強いよ~。

結果は2−1で北海道の勝利

第2試合
シュライカー大阪バサジィ大分
これね~
今回、ルール改正したでしょう。
その見本たる試合でしたね~。

えっ、ルール改正、知らない。
詳しくはこちらを見てね[フットサル競技規則改正について]

とにかく、スライディングタックルの解禁が
どこまでokなのかが、すご~く解り易かった。

それと自陣GKへのリターンパスも解った。

シュライカー大阪はこのルール改正にかなり苦しんだ

それとこのルール改正のせいか
小曽戸選手のドリブルはほとんどなく
後半に一回したぐらい・・・
でも、このドリブルは凄かった
スピードを落とさずにボールを引いて前に出していた
かなりのスピードでだ

結果は4−1でバサジィ大分の勝ち
大阪GK・イゴールも不調だったのが残念

さあ
さあ

第3試合
バルドラール浦安名古屋オーシャンズ
まずはアップからしっかり見よう。
運よく名古屋側で見れたのでよくみれるな~
アップ1 

アップ2 
ん~
リッ、リカルジーニョがいない。
このときDJジャンボが
「今回、リカルジーニョはポルトガル代表で出れません。」


なっ、何~
リカルジーニョがいない~
場内は暗くて重い空気を感じた
当然だ、フットサルを知らない人でも
リカルジーニョを見たくて来ているのだ。

こうなると、不思議とバルドラール浦安を応援したくなってきた。
バルドラール浦安もそれに答えた。
とくに稲葉洸太郎は凄かった
3人に囲まれてもスルスルと抜け出しシュートをうったり
鮮やかなドリブルで突破したりとイケイケだった。
そのうえ、必死に稲葉洸太郎を止めようとした
木暮賢一郎が負傷
名古屋はさらに苦しみ前半は浦安が2点リードで終わった。
会場は大拍手だった。。

でも後半は名古屋の意地をみせた。
とくに畠山ブルノ タカシと森岡薫は良かった
でも、結果としてバルドラール浦安のミスで負けた感じだった。
4−2で名古屋オーシャンズの勝ち

ん~、リカルジーニョがいなかったけど面白かったな~。


記事1
The Rhythm of The Pitch  “F.LEAGUE 2007 Official Season Digest” [DVD]The Rhythm of The Pitch “F.LEAGUE 2007 Official Season Digest” [DVD]
(2008/07/09)
フットサル

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : フットサル
ジャンル : スポーツ

tag : フットサル

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト