斬人斬馬剣| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 映画 » 
  3. 邦画 » 
  4. 斬人斬馬剣

訪問していただきありがとうございます。

斬人斬馬剣

斬人斬馬剣 あの伊藤大輔監督
 松竹で撮影した最初で最後の1本!

 しかも、
 松竹が通常の30倍の製作費をかけて
 製作した「傾向映画」超大作
 なんです。

こんな映画があったんですね~、いや~知りませんでした。
「傾向映画」とは、
権力側の圧制や民衆の生活苦を描き、社会の矛盾をついた作品
のことです。

主演は月形龍之介、役名は十時来三郎
写真と違って白一色の着物を着ていました。純白ですね~

権力者の横暴な圧制に苦しむ農民を助けるために、
この十時来三郎が大活躍するんです。

権力者は十時来三郎を始末するため、浪人を大勢雇って仕掛けます。

十時来三郎 は、襲ってくる浪人を斬らないで打ち負かすんです。
そして 「おまえは何故、俺を斬るんだ!」と聞きます。
浪人は 「飯を食うためだ!」と答えるんです。
十時来三郎 は 「その飯は誰が作っているんだ!」と言います。
浪人はハッとするんです。

そう農民が作っている

その農民を助けている十時来三郎 を斬ってしまっては
意味がないんです

さらに 十時来三郎 は聞きます。
「俺は、いくらで殺れというんだ。」
浪人 「十両!」
十時来三郎 「で、おまえはいくらだ?」
浪人 「・・・・」
十時来三郎 「斬られて死んだら意味がないだろう?」

浪人十時来三郎 の仲間になるんです。

カッコイイですね~。


次に権力者は農民の女性達を連れていくんです。
十時来三郎浪人たち白い馬 にまたがり
女性たちを救いに行きます。

ここで浪人たち が大活躍するんです。
十時来三郎 は単騎で城に向かます。
凄い勢いで城内に入り殿さまを拉致します。

農民たちは立ちあがり、役人と戦います。
すごいエキストラの数
まるでエイゼンシュティンの世界ですね~

斬人斬馬剣2

さらに、小藩のお家騒動まで絡んでいます。

最後は農民が勝利するんだけど、十時来三郎 の姿はありません。
十時来三郎「祭には縁のない男だ。」と言い切ります。

これだけ壮大な内容なんだけど、上映時間は26分!

凄いね~。


こんな凄い映画があったんですね~。

ちなみに、この映画も近年まで見られませんでした。
2002年に9.5mmフィルムのダイジェスト版が発掘されたそうです。

本当に残してくれて有難うと心から感謝です。 

ちなみに、
この映画は東京国立近代美術館フィルムセンターでしか見れません。

    1929年     松竹         

 /  /  伊藤大輔
 唐澤弘光
 月形龍之介 / 天野刃一 / 伊藤みはる



斬人斬馬剣―道中奉行隠密帳 (学研M文庫)斬人斬馬剣―道中奉行隠密帳 (学研M文庫)
(2003/04)
宮城 賢秀

商品詳細を見る

  
 伊藤大輔

  『忠次旅日記』  (1927年) 
  『血煙高田の馬場』  (1928年)
  『斬人斬馬剣』  (1929年)
  『御誂次郎吉格子』  (1931年)



関連記事

テーマ : オススメの映画
ジャンル : 映画

tag : 伊藤大輔 日本映画

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト