1970 忘れない夏| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 映画 » 
  3. その他 » 
  4. 1970 忘れない夏

訪問していただきありがとうございます。

1970 忘れない夏

1970 忘れない夏1近年、ブラジル映画は力作が目立ちますね。
この映画も考えさせられる力作になっています。

今まで、少年の一夏物語はけっこうあるんですが
(「冬冬の夏休み」「菊次郎の夏」など)
大体が最後は良かった~という感じで
終わるんですが
この映画は違います。



主人公のマウロは12歳
この子が体験する夏には大きな歴史が2つ絡んでくるんです。

1つは、あのメキシコワールドカップ
そうペレ率いるブラジルが3度目の優勝をする大会です。

もう1つは、ブラジル国内で起きている軍事独裁政権です。

マウロのお父さんは、たぶん大学教授なんでしょう。
どうも見た眼が左翼派活動家に見えない
マウロの両親は国の弾圧から身を隠すことになり
祖父にマウロを預けようとします。
ワールドカップまでには戻ってくると約束して・・・
でも祖父は、恐怖のあまり心筋梗塞をおこして
死んでしまいました。

マウロは大都市サンパウロで1人ぼっちになってしまった。
でもここは移民が多いボン・レチーロ地区で
ユダヤ人やイタリア人、アフリカ人などに助けられ
なんとか生きていけました

友だちも出来て、年上の女性に初恋が芽生え、
マウロのことを好きになってくれる女の子もいます。

マウロはGKのスーパーセーブに感動して
GKになろうと決心します。

そして、やってきたワールドカップ

両親のかわりに国の弾圧がマウロの周りを脅かします。

決勝戦の日、 街は誰もいません
みんなテレビを見ているからです。
親の気配を感じ街を歩くマウロ
ブラジル代表10番のユニを着ているんですね

この映画を見る機会はあまりないので言っちゃいます。

ラストは悲劇です。
母親だけ再会できたマウロは
そこから一生、亡命者として生きることになりました
彼には祖国がないのです。
もうブラジルの代表にはなれないのです。

ブラジル人として過ごした最後の夏
ペレは3度 ワールドカップで優勝を果たした
あの日です。


  2006年   ブラジル    

 カオ・ハンバーガー
 ミシェル・ジョエルサス / ジェルマーノ・アイウト




カップ サッカー映画特集
サッカー映画 各国代表作

オランダ代表      『アザー・ファイナル』
スウェーデン代表    『サッカー小僧』
イギリス代表      『 GOAL! 』3部作
              『ベッカムに恋して』
スペイン代表     『レアル ザ・ムービー』
アメリカ代表      『勝利への脱出』
ブータン代表     『ザ・カップ 夢のアンテナ』
香港代表         『少林サッカー』
イラン代表        『トラベラー』
              『そして人生はつづく』
ブラジル代表     『ジンガ』
関連記事

テーマ : 映画の中のフットボール
ジャンル : 映画

tag : ブラジル映画

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト