番場の忠太郎 瞼の母| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 映画 » 
  3. 邦画 » 
  4. 番場の忠太郎 瞼の母

訪問していただきありがとうございます。

番場の忠太郎 瞼の母

瞼の母2原作者 長谷川伸は、5歳の時に
母と別れて生きてきました。

この体験が元に生まれた
股旅ものの傑作。

今まで何度も舞台化、
映画化になりました。
歌まであります。



そしてこの映画は板垣監督サイレント時代の傑作でもあります。

とにかくカットがわりのはやさ! 今見てもはやい
顔のアップ、字幕、顔のアップ(右)、顔のアップ(左)、字幕と
細かいカットがポンポンかわるはやさ
これは活動弁士がリズムよく話せるカット割りです。
だから活動弁士も感情が高ぶります。
見ている側も、その激しい感情が伝ってくるんです。

お登世が忠太郎を心配して顔を見上げ(パーン)
吹雪の中、寂しそうに歩く忠太郎
このパーンつながり、これも感情がストレートに
伝わってきましたね。
十代の山田五十鈴も綺麗でしたよ

また、ここ一番になるとカメラ目線になります。
忠太郎を突き放すときのおはまの上から目線
残酷ですね~
忠太郎がヤクザ相手に怒りをぶつけるときは
下から睨みのきいた目線
ハッとする瞬間です。
見事な映画でした。

またこの映画
澤登翠さんの活弁で見ましたけど
澤登さんの声色のバリエーションには驚いた~
映画自体が活動弁士を活かすものだけに
澤登さんの凄さまで体験しました。
いや~、素晴らしい 感動しました。


  1931(昭和6)年   千恵プロ   

 稲垣浩
 長谷川伸
 片岡千恵蔵 / 山田五十鈴 / 常盤操子




瞼の母―長谷川伸傑作選瞼の母―長谷川伸傑作選
(2008/05)
長谷川 伸

商品詳細を見る



関連記事

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

tag : 日本映画

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト