階段通りの人々| 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 映画 » 
  3. ヨーロッパ映画 » 
  4. 階段通りの人々

訪問していただきありがとうございます。

階段通りの人々

階段通りの人々アベ・マリアの調べが美しい
階段通りの街リスボンで
貧しさを楽しく生きる人々が
<恵みの箱>を天から授かった。
聖なる悲劇を前にして
人々の欲望が燃え上がる

世界の巨匠オリヴェイラが
「アブラハム渓谷」に続いて放つ
現代世界を描いた悲喜劇寓話の傑作!




ポルトガル映画の巨匠マノエル・デ・オリヴェイラ。
世界最長老の監督です。
サイレント(無声)映画時代から映画を撮っています。
2007年の「コロンブス永遠の海」の時は99歳
凄いですね~

この映画はリスボンの階段通りに住む人々の物語です。
いろんな住人が出てきます。
通り12番地の老女、その孫息子、子だくさんの母親
居酒屋の亭主、豆売り女
ギターで『アベ・マリア』を奏でる教授
そしてチンピラなど、貧しい下町生活がありのまま出ています。

住人たちの話題に盲目の老人が持っている"恵みの箱"が出てきました。
この"恵みの箱"に通行人からの金が集まり、
老人一家がやたら羽振りがよくなったそうです。
これが思いがけない波乱を起こします。

実はオリヴェイラ監督は演劇界でも巨匠なんですね。
作家プリスタ・モンティロは演劇界のオリヴェイラに
期待してこの原作(戯曲『A Caixa』)を書きました。
ところがオリヴェイラ監督は、演劇より映画にしたほうが
よいと考え脚本を書いて映画化しました。

普通、演劇ものを映画化すると、
必ず舞台や書き割りが出てきます。
ところがこの映画は全てオープンロケです。
昼は住人たちの生々しい生活感を見せて
夜になると階段通りにライトがあたり
バレリーナが登場して幻想的なショータイム
全然違和感がない展開が素晴らしい
映画と舞台の見事な融合、85歳でこのセンス
素晴らしい群像劇を作りましたね。

  1994年  ポルトガル=フランス   

 マノエル・デ・オリヴェイラ
 プリスタ・モンテイロ
 ルイス・ミゲル・シントラ / ベアトリス・バダルダ





階段通りの人々 [DVD]階段通りの人々 [DVD]
(2002/11/22)
ルイス・ミゲル・シントラマノエル・ド・オリヴェイラ

商品詳細を見る

関連記事

テーマ : 気になる映画(@^^)/
ジャンル : 映画

tag : マノエル・デ・オリヴェイラ ポルトガル映画

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト