読書 | 武士no戯言
  1. Top » 
  2. 読書

訪問していただきありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係の悩みをゼロにする1分間アドラー

アルフレッド・アドラーは、
オーストリア出身の精神医科で心理学者です。

「人は努力と訓練によって、
 何者にでもなることができる」
という
楽観主義が、アドラーの基本的な考えです。

え~、楽観主義なの~?? と
かる~く思う人もいるでしょうが、
ちょっと違います。

「できない」と最初から決めるのが悲観主義者
「なんとかなる」と放置するのが楽天主義者

楽観主義者は、自分の力が及ばない難事でも
「できることをしよう」と行動することなんです。

アドラー
「この世界は私の世界だ。
 待ったり、期待しないで
 私が行動し、作り出さないといけない。 」

さて、この「1分間アドラー」ですが
アドラー心理学がたった1分でわかると
書いてありますが
この本を書いている人が、
独自の解釈で書いている感じなので疑問です。
本質を求めるなら、
他のアドラー本をおすすめします。

でも、確かに
アドラー心理学は参考になりました。

私が気に入ったアドラーの言葉です。

「人の行動はすべて目標によって確定される。
 人が生き、行為し、
 自分の立場を見出す方法は
 必ず目標の設定と結びついている。  」

「人生においては
 正しいということは重要ではない。
 むしろ、自分の問題を前に進め、
 他の人の問題を促進することに
 貢献することが重要なのである。 」

「いかなる経験も、それ自体では
 成功の原因でも失敗の原因でもない」

「運命論は多くの点で
 有用な線に沿って活動しようと努め、
 そのような活動を築き上げるという
 課題からの臆病な逃避である。
 運命論は偽りの支えであることがわかる。」

「怒りの感情は人と人を引き離す感情である」

「よい医者になるためには、
 君自身以外の他の人にも
 関心を持たなければならない。
 病気になったときに
 他の人が何を必要としているかを
 理解するためだ。よい友人になり、
 自分自身のことは
 あまり考えないようにしなければならない」

「自分がなしとげたことで秀でているのではなく、
 他人の価値を下げることで秀でようとすれば、
 そのことは弱さの兆候です。  」

「大きな困難は、
 自分を過少評価するということです。
 【もう追いつくことはできない】
 と信じるのです。
 これは本当ではありません。
 実際追いつけるからです   」

「失敗は決して勇気をくじくものではなく、
 新しい課題として取り組むべきものである。」

「あなたは不安ですか?臆病ですか?
 横柄ですか?従順ですか?
 不運があるのを信じていますか?
 自分自身を理解していますか?
 一夜を自分自身と共にすごしなさい。
 自分自身の内側を見つめる冒険をしなさい」

「なぜなら、我々の文化においては、
 勇気がある人だけが
 よい結果と人生の利点を
 得るというふうに仕組まれているからである」

まだまだあります。
もっと知りたい方は、
以下のサイトに名言があります。
「アレフレッドアドラー」名言集

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。