プロレス | 武士no戯言
  1. Top » 
  2. プロレス

訪問していただきありがとうございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイアント馬場&スタン・ハンセン

今からちょうど20年前のことである。

当時、私は全日本プロレスに夢中になっていた。

全日本プロレスでは、年末恒例の
世界最強タッグ決定リーグ戦
がある。

試合形式は30分1本勝負。
世界タッグ王座のベルトを
リーグ戦開幕直前に王者チームが返上し
優勝したチームが新王者になる大会で

出場したタッグチーム同士が戦い
勝ち点の多いチームが優勝する。
点数は
あらゆる勝ち 2点
あらゆる負け 0点
時間切れ引き分け 1点
両者リングアウト・両者反則 0点になる。

しかも世界タッグ王座は
PWF世界タッグ王座インターナショナル・タッグ王座の統一王座。
つまり二冠王者なのだ!

試合も当然激しい展開になり
毎年、名勝負が出るほど
ある意味、全日本プロレスの看板みたいな大会である。

1993年大会は、超世代軍を離脱した川田が、田上と「聖鬼軍」を結成し
四天王が燃えに燃え上がった年である。
だから注目カードは
三沢光晴&小橋健太組「超世代軍」vs川田利明&田上明組「聖鬼軍」
とくに三沢は三冠王者である。
もし、これで優勝すれば五冠王者になる。
さらに、スティーブ・ウィリアムス&ビッグ・ブーバー組も
あなどれない。
そして、スタン・ハンセン&テッド・デビアス組「ビッグテキサンコンビ」
も優勝争いに食らいこむだろう。
とくに、スタン・ハンセンはチャンピオン・カーニバル「春の祭典」で
優勝をして絶好調だ。

これだけでも盛り上がる大会なのに
ある事で、大会はさらに盛り上がった

それは、ハンセンのタッグパートナーである。
テッド・デビアス
が古傷の首の痛みをうったえ緊急帰国してしまった。

そこで、ハンセンはタッグパートナーに
永遠のライバルである
ジャイアント馬場を指名したのだ。

この時、ジャイアント馬場は55歳
ほとんど前座で明るく楽しくプロレスをしていたのが
メインイベントに復帰である。

ハンセン&ババ

このことだけでも、ビックリしたが
このスタン・ハンセン&ジャイアント馬場組「巨艦砲」
実に強かった。

最後の連携技もすごかった。

まず、スタンハンセンが対角線の反対側にいる馬場めがけて
相手を走らせ
コンビ1 

16文キック
コンビ2


そしてサポーターをなおし
コンビ3



今度は馬場がハンセンめがけて相手を走らせ

ウェスタン・ラリアート
コンビ4 



見事なフィニュシュ
 お客さんも大興奮  

この連携技で勝ち進んだ「ハンセン&馬場」組が
大苦戦をしたのが
やはり四天王たちである。

まず11月24日に川田・田上組
次11月30日に三沢・小橋組

この2試合はホント名勝負である。

川田・田上組の試合では
試合後半になると、馬場さんだけ集中攻撃され
何度も危ない展開になっていた。
でも、不思議なことに
あれだけ責められいた馬場さんが喜んでいたのだ
成長して全日本の看板になった若手と今だ戦える喜びか ?
弟子たちの技をひとつひとつ味わっているようで
馬場さんの愛情が伝わってくる。

でも


最後は、やはりネックブリーカー
感動の一戦

そして三沢・小橋組
同じく試合後半は馬場さんが狙われてた


耐えて耐えて! チャンスを狙い
とどめを刺す!

結局、2試合とも時間切れ引き分けで終わったけど
時間切れの瞬間は、2試合とも
馬場さんがとどめを刺す瞬間だったのが感動した。

それにしても、本当に凄い
馬場さんは55歳だよ
ノリに乗った若手選手相手に、この戦い!この気迫!

いかに自分が年だと怠けているか
いかに自分に勇気がないか

本当に馬場さんは、自分にとって「神様」
まだまだ、頑張らないといけないな


ところで
この93年大会は、
三沢&小橋組が、川田・田上組を破って優勝した。
三沢は見事! 冠王者になった。

そして、ハンセン&馬場組も
スティーブ・ウィリアムス&ビッグ・ブーバー組を破って
準優勝した。


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

tag : 全日本プロレス スタン・ハンセン ジャイアント馬場

カテゴリ
DS9 (0)
PR
最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Thank you for visiting
Flag Counter
blogram
blogram投票ボタン

プロフィール
ハウス

武士 ( たけし )

Author:武士 ( たけし )
二回も心臓を切って
なんとか生きている
第一級身体障害者の私です。

看板娘! マルちゃん♪
オカメインコのマルちゃんが、
家にきて14年目になります。
もう飛べないけど、、
頑張って元気に生きてます。





QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
ページランキング

ブログパーツ
Gallery

絵画の計り売りサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。